ゴーヤの苦味を昆布茶で取る!栄養が逃げないチャンプルーの作り方!

ビタミンCやβカロテンが多く、夏バテをなおしてくれる
ゴーヤですがあの苦味が苦手な人は多いですよね。

2018年8月8日テレビ東京放送の「ソレダメ!あなたの常識
は非常識」という番組で、

ゴーヤの苦味を昆布茶で取ることで、栄養を逃がさずに
おいしいゴーヤチャンプルーを作る方法が紹介されました。

今までは、塩水や砂糖水でゆでる方法が一般的でしたが、
それでは栄養が流れてしまうし、ゴーヤの色も悪くなって
しまいます。

早速作ってみたら、おいしかったのでご紹介します。

ゴーヤを購入するのであれば、より苦味の少ない
ゴーヤを探します。



◆苦味の少ないゴーヤの見つけ方

果物でも、より熟した方が甘いですよね。

それと同じで、ゴーヤも少し熟して皮のつぶつぶが
大きくなっているのを探します。

黄色っぽいのはより甘いですが、シャキシャキ
しなくなります。

◆ゴーヤの苦味を昆布茶で取る方法

❖ゴーヤの下ごしらえ

まず、ゴーヤをたて2つに切って中の綿を、スプーン
(スイカ用がよく取れます)で、きれいに取り除きます。

綿が残ると苦いのでできるだけ多く取ることです。

ゴーヤを好きな厚み(5mm前後)で半円に均一になるよう
に切ります。

家庭ではスライサーなどで、切ると一定の厚みに切ること
ができます。

均一にしないと味や火の通りにムラができるからです。

❖昆布茶で苦味をとる方法

下ごしらえをしたゴーヤをポリ袋に入れて、昆布茶と水を
まぶします。

分量はゴーヤ(正味)およそ100gぐらい
に昆布茶小さじ1杯、水大さじ1杯(15cc)以下
を加えて、ポリ袋の上から一分間ぐらいもみます。


ポリ袋の中の昆布茶と水分ごと全部チャンプルーに入れて
炒めるので栄養分が逃げないのです。

❖昆布茶で苦味がとれる理由

昆布茶に含まれている
グルタミン酸(味の素の成分ですね)
がゴーヤに吸収されると、苦味成分を包むような役目を
して苦味を抑えるのです。

化学調味料不使用のおいしい伊藤園の昆布茶
詳細はこちら⇒化学調味料無添加 こんぶ茶 50g 北海道日高産の昆布 昆布茶 食塩30%カット 伊藤園

◆ゴーヤチャンプルーの作り方

教えてくれたのは杉並区の
「沖縄ダイニング 島のれん」
の伊佐店主です。

調味料の分量ははっきりしているのですが、ゴーヤ以外
の材料の分量は放送されなかったので、筆者の独断で
推量しました。

「沖縄ダイニング 島のれん」のツイッターに当店のゴーヤチャンプルーの写真がありました。⇓

❖ゴーヤチャンプルーのその他の材料と下ごしらえ

1.木綿豆腐1丁

キッチンペーパーで包んで、電子レンジ600Wで5分間
加熱すると、水分が減って沖縄の島豆腐に近く
なります。一口大に切っておきます。

2.スパム(家庭ではソーセージでも良い)を3分の1缶
ぐらい、細切りにしておきます。

3.先ほど昆布茶をまぶしたゴーヤ110g(約1本)。

4.卵1個

スパムとは、ソーセージの材料を缶詰めにしたもの。
本場沖縄産・減塩スパム・詳細はこちら⇒【送料無料】減塩スパム(SPAM)・ポークランチョンミート 6缶セット|沖縄土産|保存食[食べ物>缶詰>ポークランチョンミート]

❖ゴーヤチャンプルーの調理法

下ごしらえした木綿豆腐とスパム(ソーセージ)を
焼き色がつくまで炒めたら、


ゴーヤを袋の中身全部(水分も)を加えて、
さっといためます。

水大さじ2、和風だし少々、醤油小さじ半分を加え

さらに
、隠し味に、ウスターソースを小さじ半分入れ

卵でとじて出来上がりです。

昆布茶の塩味が効くので、他の調味料は少なめです。

分量は材料に合わせて、お好みで調節お願いします。

❖昆布茶と酢を使ったゴーヤの佃煮もおすすめです。

ゴーヤの苦味取りは昆布茶で!旨味と栄養が増え健康に良い佃煮レシピ

◆まとめ

普通、
ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いと
言われていますが、ゴーヤのビタミンCは、熱に強く
煮ても炒めてもこわれにくいとされています。

なので、なんとか水に溶かさないで苦味を取る方法
を探していて、今回昆布茶を使う方法に出会いました。

苦味を抑えるだけでなく、うまみも増やしてくれて
昆布の効能も加わる、すばらしい方法だと思います。

近年、ゴーヤや昆布の抗癌効果や抗糖尿病効果が
注目されています。


おいしく食べて、がんや糖尿病を予防するには
昆布茶で苦味を取るゴーヤチャンプルーが最適ですね。

酢ゴーヤ効果はもっとすごいようです。⇓⇓

酢ゴーヤ効果で血糖値や血圧が劇的に下がる?その理由と作り方は?

関連記事や人気記事は広告の下の方にあります。

スポンサーリンク




関連記事



良かったらシェアしてくださいね