まる得マガジン究極の缶詰レシピでさばみそのれんこんグラタンを紹介

2020年6月9日放送のまる得マガジン究極の缶詰レシピ2で
さば味噌煮缶を使った、さばみそのれんこんグラタンの作り方
について紹介されました!
教えてくれたのは、日本料理の巨匠・野崎洋光(のざきひろみつ)さんです。




◆さばみそのれんこんグラタンのレシピ

❖さばみそのれんこんグラタンの材料(1人分)

さばの味噌煮缶のさばの味噌煮:1切れ
れんこん:にぎりこぶし1つ大ぐらい
ミニトマト:2~4個
ピーマン:1個

ショウガ:1片
ネギ :2分の1

無調整豆乳:50ml
薄口しょう油:小さじ2

※調味料以外は番組の提示がありませんので、材料の分量は
私の主観で記載しています。

豆乳は調整豆乳より無調整豆乳の方が絶対においしいです。

❖さばみそのれんこんグラタンの作り方

●小鍋に水を入れてお湯を沸かし始める

1)まずは皮をむいたレンコンをすりおろす。

デンプンがふくまれているので、これを火にかけると粘りがでてくる。

2)ミニトマトは十字に切り込みをいれ熱湯に入れる。

3)ミニトマトの皮がめくれてきたら水に取り、皮をむいておく。

4)ピーマンのへたをとり、1cm幅に切っておく。

●グラタンソースを作る

トマトを出したお鍋のお湯をすてて

5)鍋に、おろしたレンコンを入れ、豆乳(無調整)50ml入れて火にかける。

6)へらでかきまぜていると、レンコンのデンプンでおもちのようにとろみがでる。

7)ホワイトソースのようにとろみがでたら、薄口しょう油小さじ2を入れ、
みじん切りにしたショウガとネギを加えて1分ほどしたら火をとめる。

スポンサーリンク




●耐熱容器を用意する

8)耐熱容器に汁を切ったさば味噌煮を1切れ入れ

9)さば味噌煮一切れの上1cm幅に切ったピーマンとトマトをのせ

10)オーブントースターで野菜がしんなりするまで焼く。

11)その上にレンコンソースをのせ、またソースがこんがりするまで
オーブントースターで焼いて出来上がり。

「しっかりとさば味噌煮のうまみが残っていながらも
上のれんこんがさば味噌煮のうまみを残しつつ
味の濃さをうすめてくれている」

と試食した林家正蔵さんの評価でした。

うなづけますねえ。

「さばの味噌煮缶は味がこすぎて食べにくいという人も
いますが、れんこんの淡味が味をうすめてくれる」

と野崎洋光さん。

確かにさば味噌煮の味は濃いので、私は大根おろしを
かけて薄めていましたが、れんこんグラタン
美味しそうです。

こちらの記事もどうぞ⇓
■まる得マガジン究極の缶詰レシピでさばの水煮と野菜のひも皮煮を紹介
■ガッテン!黒川勇人【缶詰には食べごろがある!材料別食べごろは?】
■まる得マガジン究極の缶詰レシピでサンマの蒲焼柳川風の作り方を紹介

◆まとめ

さばみそのれんこんグラタンの作り方についてまとめました!

豆乳を使うので、牛乳アレルギーの人も安心して食べられる
素晴らしいレシピです。

私は、乳製品をやめたら蓄膿症と花粉症が治ってしまった
ので、なるべく乳製品を避けていますから、豆乳製品が
増えるのは大変うれしいです。

牛乳の代わりに毎朝、無調整豆乳を飲んでいます。

豆乳レシピを増やしてほしいです。

スポンサーリンク




関連記事



良かったらシェアしてくださいね