松本花奈の女優としての経歴は?出演した作品名や動画をチェック

情熱大陸(2018年4月22日)は、女子大生映画監督として活躍中の松本花奈(まつもと はな)さんです。

中学2年生(14歳)で映像制作を開始して、わずか3年後の17歳の時に新人監督の登竜門『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』で受賞。

岩井俊二監督に絶賛された天才少女です。

その後も次々と作品を作り出す彼女は、幼い頃から女優でもあったことから、
どんなつもりで女優になり、どんな作品に出演したのか気になり調べてみました。

スポンサーリンク




◆松本花奈の女優としての経歴は?

松本花奈の画像

ウィキペディアより

❖松本花奈の簡単なプロフィール(2018年4月22日現在)

松本花奈(まつもと はな)
生年月日:1998年1月24日(20歳)
出生地:大阪府
身長:164 cm
職業:映画監督、女優
活動期間:2006年 –

学歴:日本大学鶴ヶ丘高等学校卒業
慶應義塾大学総合政策学部在学中
受賞
2014年に監督・脚本・編集を手掛けた「真夏の夢」がNPO法人映画甲子園
主催eiga worldcupの最優秀作品賞に選ばれ、

2015年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭フォアキャスト部門に正式
出品された。

2016年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に出品した『脱脱脱脱17』
がオフシアター・コンペティション部門の審査員特別賞・観客賞を受賞。
(ウィキペディアより抜粋)

❖松本花奈の女優としての経歴に着目すると

松本花奈さんは監督としての前に、子役や女優として活躍していましたから
お芝居をやりたかったのかと思っていました。

ところが彼女は、最初は子役をしようと思ってたわけじゃないんだそうです。
びっくりですね。

なんと、ダンサーになるのが将来の夢で、ダンスをしたくて実家の近くにある
劇団ひまわりに通い始めたところが、実は演技もできる劇団だったのだそうです。

親御さんも呑気ですね。劇団ひまわりがダンスをするところだと思ってたなんて。

そんなわけで、子役や女優になるつもりはなかった松本花奈さんですが、劇団
ひまわりに入ってしまったことで、なんとなく子役や女優をやることになって
いったとのこと。

そんな彼女がどんな作品に出演していたのか年毎にまとめてみました。

◆松本花奈が出演した作品名や動画

松本花奈が出演した作品を西暦と年齢で分けてみると
2006年(8歳)の時から、今日2018年(20歳)まで

12年間に渡って、ただ一年を除いて、毎年何かしらに出演していたのです。
これはかなりすごいことだと思います。

その休んだ1年というのは2016年の18歳の時ですから、きっと大学受験で、
受験勉強のために休んだのだと思われます。

では彼女が出演した作品名を年毎に見てみましょう。

❖松本花奈が出演した年(年齢)と作品名

2006年 8歳
映画:ハリヨの夏- 大島治子 役
CM: J:COM・ZAQ、大和建設
舞台:吉本新喜劇「よこちょうへようこちょ」

2007年 9歳
映画:サイドカーに犬 – 近藤薫 役
テレビドラマ:NHK朝の連続テレビ小説 ちりとてちん
CM:サンガリア、阪急三番街、心のいこい

2008年 10歳
映画:神様のパズル
ラジオドラマ:四頭の羊(NHK-FM)

2009年 11歳
映画:呪怨 黒い少女- 芙希絵 役、戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH- ユキ 役
ゼロの焦点

2010年 12歳
映画:幸子の不細工な天使たち- 主演・幸子 役

2011年 13歳
映画:ツチノコに合掌-主演、日輪の遺産

2012年 14歳
映画:ユートピアサウンズ
テレビドラマ:たぶらかし-代行女優業・マキ- 最終話(読売テレビ)-南原麻美 役

2013年 15歳
映画:鈴木先生(テレビ東京)-入江沙季 役、絶叫学級-桐谷敦子 役
テレビドラマ:零戦〜搭乗員たちが見つめた太平洋戦争〜(NHK BSプレミアム)
MV:加藤ミリヤ「Lonely Hearts」

2014年 16歳
映画:恋につきもの『いばらのばら』- いばら 役
テレビドラマ:BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係 第5話(テレビ朝日)-野本苑子 役
CM:ソフトバンクモバイル

2015年 17歳
テレビドラマ:新春ワイド時代劇 大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る!(テレビ東京)-お道 役
劇場アニメ:バケモノの子
CM:ブルボン・アルフォート

2017年 19歳
映画:獣道

2018年 20歳現在

◆まとめ

松本花奈の女優としての経歴をまとめました。

大学受験の年を除いて、毎年なにかしらに出演していたことに驚きました。

よほど好きなんですね。

それにしても、初めはダンサーになりたくて、劇団ひまわりに通うように
なったけれど、演技も習うので、女優もやるようになったというのが
面白いですね。

今度は、どうして映画監督をやるようになったのかについて書こうと思います。

関連記事はずっと下です。

スポンサーリンク




関連記事



良かったらシェアしてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください